戸塚地区青少年育成委員会

【開催報告】自転車のルールとマナー教室(2024年)

2024.05.13 ニュース

5月6日と12日に、自転車のルールとマナー教室を開催しました。

戸塚地区青少年育成委員会では、戸塚警察署、新宿区、東京都自転車商協同組合にご協力をいただき、毎年小学生の児童に向けた自転車安全教室を開催しています。
この取り組みは、こどもたちが自転車に乗ることの楽しさを感じ、楽しく効果的に自転車での公道デビューに必要な技能を習得すること。ぶつからないよう他者を思いやるなどの多面的な自己開発を促し、社会性を育むことを目的としています。

今年は、5月6日(月祝)都バス 小滝橋自動車営業所、12日(日)早稲田大学大隈記念講堂前広場をお借りし開催しました。

当日はお天気も良く、多くの子どもたちが参加しました。
戸塚警察の担当者より、児童・保護者等への交通安全指導、自転車点検のやり方のお話を伺いました。
次に、実際に会場内にコースを設置して、自転車の正しい通行の仕方についてのルール指導や、子どもたちが実際にコースを自転車に乗って走行し、その場での安全指導やバランス走行の体験を行いました。
見通しの悪い交差点や、停めてある車両の脇を通行するときにはどこに目を配ればいいのかなど、ありそうなシチュエーションでの練習で、参加した子どもたちにとって危険な場面の練習になったようです。

また、子どもたちの自転車の点検を、東京都自転車商協同組合の方にご協力いただきしていただきました。公道での乗車に不具合がないかなど調べていただく機会となりました。

これから夏休みを控えて、子どもたちだけで自転車で出かけることが多くなります。
特に低学年の子どもたちには、今回が初めての自転車安全についての機会となった子も多く、警察官から直接指導をいただくことにより、交通安全に対する意識を高める良い機会になりました。

自転車教室終了後には、新宿区より終了証、警察署より交通安全に関する教本やグッズ、育成会からはお菓子のお土産をお渡しし、無事故で事業を終えることが出来ました。

ご協力いただいた戸塚警察署、新宿区、東京都自転車商協同組合、PTAのみなさまに感謝申し上げます。
社会環境部 佐藤靖子